« ネット右翼という言葉 | トップページ

2006年12月 3日 (日)

北朝鮮の韓国に対する世論工作

 最近の韓国はいったいどうなってしまったのだろう。そしてどこへ行こうとしているのだろう。今の状況が国益に適っていると、考えているのだろうか?

 昔から北朝鮮の韓国に対する世論工作の基本は「反米民族主義」である。したがって核実験に対しても「ここまで事態を悪化させた責任は、北朝鮮に対する制裁強化と直接交渉拒否の米国にある。悪いのは米国だ」との見方が韓国社会には結構、広く存在する。

 北朝鮮の世論工作は、これ以上はないと言うほどの成功を収めているということだろう。太陽政策を推進する金大中〜盧武鉉のラインは、私の目には北朝鮮の傀儡政権にしか見えない。

 金正日総書記は2000年、金大中氏との初の南北首脳会議に応じた。韓国の「太陽政策」はそこから始まったのだが、金総書記の"金大中取り込み"の効果は、6年後の核実験強行に対する韓国世論にも、見事に現れている。

参考:フォーサイト2006年11月号26ページ

 現在の延長で朝鮮半島が統一されれば、親中国もしくは親ロシアの国家になることはあっても、こちら側に身を置く国家になることはまずないだろう。それで韓国の人々が現在よりも恵まれた生活を得ることはありえないだろう。短期的な民族主義的昂揚の結果として、中長期的に不幸な境遇に置かれたとしても、こちらの知ったことではない。
 しかし、民族として日本を敵視することに存在価値を見いだしている(と私が思っている)朝鮮民族が、核を持ってあちら側の国家として統一されることは、はっきり言って恐怖である。

|

« ネット右翼という言葉 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の韓国に対する世論工作:

« ネット右翼という言葉 | トップページ